オンライン,ブロガーサロンが稼げない理由「インフルエンサーがブログ初心者からたかるビジネス」

副業・仕事に関するニュース

ツイッターなどSNSで流行している「オンラインサロン」や「ブロガーサロン」ほどムダなものはありません。ブログで稼げるようになることは絶対にないです。

 

Googleが重視する権威性を悪用し、情報弱者からたかるインフルエンサーたち。時間とお金をムダにしないために、ツイッター中心にSNSでブログ初心者を集客し夢を売って稼いでいる実態を知ってください。

サロンや情報商材を初心者ブロガーに売って稼ぐ「インフルエンサービジネスの実態」

ツイッターのブロガー、アフィリエイター界隈で有名な「プロブロガー」は、例外なく自分のファン(フォロワー)に、noteなどの情報商材を売っているか、オンラインサロンを運営し月額費を徴収しています。

 

特徴として、ほぼ全員「100記事書けなどの精神論」を推奨しています。

 

Googleアップデートが2017年以降頻発し、「ブログで稼ぐ」の難易度も大きく上がりました。

 

芸能人やイベントの紹介記事など、流行りを追いかける「トレンドブログ」と呼ばれる手法もことごとくGoogleのアップデートで飛ばされ、アフィリエイトで生計を立てているアフィリエイターたちも退場が相次いでいます。

 

日本でも多くの企業が副業を解禁した2018年以降、在宅ワーク、アドセンスブログ、アフィリエイトの認知度が上がりました。

 

2020年には世界的なコロナウィルスの大流行もあり、自宅でパソコンを使ってお金を稼ぐことができるブログの関心度は高まり続けるでしょう。

 

ただ、「本業以外、副業で生活の足しにするために月に10万円でも稼ぎたい」と考えて参入してくる「新規ブログ初心者」を待ち構えている人たちがツイッターやユーチューブにいます。

 

万単位のフォロワー数を持ち「教祖ビジネス」をネットで展開しているインフルエンサーたちが待ち構えているわけですね。

 

フォロワー数を信用と考えてしまう心理をうまくつかれてしまいます。

 

情報弱者である初心者ブロガーが、インフルエンサーの甘い言葉・精神論の罠に次々とかかってしまうのを見ていると、可哀想でなりません。

ブログオンラインサロンは運営者しか稼げない仕組みになっている

「ブログを継続していれば資産として記事が積み重なり、稼げるようになる」は今は幻想です。過去です。

 

2016年秋のウェルク問題を境に大きく流れが変わりました。2020年の今はもう不可能です。

 

理由はGoogleのアップデート

 

2016年に起きたDeNA(ディーエヌエー)のウェルク問題以降、それまでステマ記事で稼いでいた悪徳商法はGoogleから駆逐され続けています。

 

Googleはアップデートを繰り返し、「ユーザビリティの向上」を常に訴えていますから、アプデは「価値のない記事を飛ばすこと」だとらえている人が多いですが、本質は違います。

 

グーグルアップデートとは、「Googleが稼げる記事・ドメイン以外は不要」だと宣言し、実力行使をしていることだととらえてください。

 

具体的に端的に言うと、個人のドメインを飛ばし、大手ドメインサイトだけを上位表示することで、「Googleがえげつなく儲ける仕組みづくり」を粛々とやっているだけなんです。

 

「信用のない、誰が書いているかも分からない個人のサイトやブログを上位表示するのはやめます、Googleを儲けさせてくれるサイトだけを評価しますね」とネットの支配者であるGoogleが言っています。

 

「グーグルの意向を知り、その意向に沿い、お小遣いとしてGoogleから月に100万円ぐらいのお小遣いをもらう」

 

Googleの子分として、Googleが喜ぶこと(Googleが儲かること)をやる…ネットで稼ぐためにの大原則です。

グーグルがネコがきらいだと言えば、「猫は嫌い」がネットの正義になるんです。

インフルエンサーはSEOブロガーですらない事実を知る

 

Googleは「権威性」のあるドメインを評価するようにしたわけですね。

それを悪用したのがインフルエンサーです。初心者からたかるビジネスを確立していきました。

 

TwitterやYouTubeのSNSから集客しているインフルエンサーたちは、今ではSEOブロガー(Google・Yahooから集客するブロガー)ですらないんです。

 

分かりにくいかもしれません。

語弊を恐れずに例えます。スポーツが分かりやすいと思います。

サッカーコーチが野球のコーチとして集客し、「俺みたいになれ」と一昔前の部活に共通する概念である根性論・精神論だけで引っ張っている

 

「なんかすごいなこの人」で集客された野球初心者たちは、よくわからないながらも初心者通しがつながり、「一緒にがんばろうね」、「とりあえず練習だよね、素振り・ランニングを根性で頑張ろうね」で励まし合う。

 

ブロガーサロン、オンラインサロンとはまさにこの状態です。

 

ブロガーサロン、オンラインサロンは責任を負わない

ブロガーサロンを運営しているインフルエンサーたち。彼らは「初心者ブロガーを稼がせる責任を負う」ことは絶対にありません。

 

「僕のオンラインサロンで半年やって稼げなかったら、全額返金します」とか「僕のブロガーサロンは稼げるまで保証して指導しています」とは絶対に言わないはずです。(あったら教えてください。)

 

彼ら自身が、「オンラインサロンで稼げるようにはならない」と分かっているからですね。というより、インフルエンサーは「ブログでの稼ぎ方」を知らないんです。

 

グーグルアップデート以降は、SEOをあきらめツイッターやYouTubeを中心としたSNSで集客しています。

 

最新のSEO手法を知っているなら、ブロガーサロンでブログ初心者からたかる商売をしているわけないですもんね。

 

責任を負わないブロガーサロンのウリは、「みんなで頑張ろう」

 

「実際にネットで稼いできた&オンラインサロンの運営者である僕とも話せたり、僕が運営しているコワーキングスペースに来たら、僕に会えるよ」と言っているのをよくツイッターでも見ます。

 

それを有難いと思ってしまっていてはいつまでも情報弱者として、彼らの「カモネギさん」になってしまいます。

 

情報弱者から情報強者がたかるのが資本主義の常ではありますが、「プロブロガーの真実」を知っておくことは、時間とお金をムダにして被害者にならないために重要です。

 

情報弱者である限り、お金をむしり取られ続ける運命は変わりません。

 

ブログで稼ぐと決めたなら、まずはGoogleアップデートの本質を知ってください。そのうえで、最新の稼げるSEOスキルを身に付けることが不可欠です。

 

「35万円稼ぐ保証付き」アドセンスコンサルで採算で稼ぐスキルを身につける

コメント