「終身雇用は崩壊」と豊田章男トヨタ会長が認める 団塊世代逃げ切りか

副業・仕事に関するニュース

トヨタのトップまでもが終身雇用を維持するのは難しいと発言。先日の経団連会長に続き、終身雇用の崩壊を経済界が認めた形です。

「企業にインセンティブがない」と年齢が高く給与も高いだけで生産性が低い中高年への厳しい指摘。企業が競争力を保ち続けるために、40代、50代が解雇される時代が来るのでしょうか。

日本自動車工業会長の豊田章男氏の発言

日本経済新聞など、豊田章男氏の発言を各報道機関が報道。

ツイッターではトレンドワードにあがるなど、話題になっています。

日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長は13日の会見で、日本の終身雇用制度について「日本では雇用を続けている企業や税金を納めている企業に対してインセンティブ(動機づけ)がない。もう少しインセンティブが出てこないとなかなか終身雇用を守っていくのが難しい局面に入ってきたと思う」と考えを述べた。

日本の労働の流動性については「中途採用や転職が広がるなど昔に比べ大分多様化してきたが、他国と比べると自由に会社を変えたりすることはまだ不利だ」と述べた。

引用:日本経済新聞

奴隷型教育を受けてきたのに・・

高度経済成長期を経て、世界第二位の経済大国にまでなった日本。

資源のない国が成功できた理由は、運動会に代表される戦後教育(社会に出たら、奴隷のように働きなさい)だったわけですが、自分を犠牲にして会社のために尽くす代わりに得ていた「終身雇用制度」

終身雇用制度が崩壊して久しいですが、ついに経済界トップが次々と終身雇用を否定する発言をしだしました。

団塊の世代は逃げ切りセーフで年金も獲得。就職氷河期と言われた40代を中心に、奴隷型教育を受ける犠牲を払いながら、安定した仕事につけない不幸な世代が更に不幸になることは確定なのでしょうか。

あまりにひどい・・という投稿が相次ぐツイッターですが、嘆いても仕方ない。生きていくため、家族を守るために、受身人生を生きてきた40代・50代も「自発的な思考」を持ち、動かないと待つのは悲惨すぎる未来。

コメント