大学生が令和時代に就職せずに稼げるネット起業!アドセンスならリスク0

adsense

アドセンスで稼ぐ経験は大学生でもできる時代

自分が学生の頃はインターネットがなかった。今の大学生は当時の自分に比べると、1万倍ぐらいの情報を手軽にとることができる。

 

本当に恵まれていると思う。例えば、NHKニュースが政権にとって都合のいいことだけ報道したとしても、ネットからその裏にある本質の情報を得ることができるし、なんでも分からないことはGoogle先生が教えてくれる。

ネットサーフィンを「将来の仕事」に焦点当てて考えることができれば、会社員になることがいかに愚かなのかにもすぐに気づけるのが令和時代。

 

大学生でもネットの情報だけで起業しようと思えばその勉強できるし、「リスクをとらずにアドセンスで広告収入を得る」こともできる。アドセンスなんて年間経費12000円程度。ハードルも決して高くない。

昭和時代のサラリーマン思考で生きることを前提としていた「奴隷型サラリーマンが正しい」という洗脳から逃れることができるって本当にうらやましい。運動会で行進させられることの意味を当時は考えもしなかったが、外国から見ればいかに愚かなことをやらされているということにも気付けるのがネット全盛時代。

 

自分が学生の頃は、「画一的な情報しか与えられなかった」しそれが間違っているなんて考えもしなかった。「運動会の練習が意味ない」と考えたとしてもそれを先生にむかって口にすれば自分が悪い生徒だと信じていた時代だった。

 

苦労して勉強して、なんとかかんとか大学に合格し通っていたころも、就職以外考えられなかった。リスクをとらずに自由に生きる起業の道があるなんて、知らなかったし想像もしなかった。

 

就職超氷河期と世間ではいわれていたけど、それでも就職するしか考えられなかった。

大学生はサラリーマンになることに矛盾を感じている

例えば大学時に起業したホリエモン。彼の情報発信で、「あれ、日本の教育おかくねぇ??」ってみんなが気づきだした。

高度成長期に戦後復興から立ち直るために、「企業戦士」を量産する必要性から「教育」ができ、それが「教育の土台・基本」となっちゃったまま月日が流れた。昭和時代どころか平成も終わり、令和時代が始まろうってときに、あいかわらず、「上下関係だ、集団行動だ、試験に合格するために準備だ」って、サラリーマン養成制度の価値観がまだ残っていることに疑問を感じることができるのが今の若者。

若い人たちは「既得権益」だって知っている。1%にも満たない「支配者層」にとって、サラリーマンを量産しとくのが都合がいいから、いつまでも「教育」という名の「洗脳」が続けようとしているということに気づきだしている。

これだけ情報がインターネットで拡散すれば、当然かもしれない。日本のトップ、阿部首相自ら「これからは副業をしよう!」とも言いだした。

国が、「もう年金制度も破綻しているし、会社員バンザイの時代を続けてては日本国がもたいなから、あなたの面倒は見れませんよ。自分で死ぬまで働いてね!」って言ってる。

大学生とか若者からしたら、「少子高齢化で明らかに損する世代だし、大企業や大銀行もこれからがんがん倒産するのが当たり前。おまけに仮想通貨にAIで、紙幣通貨までなくなる。

なんでそんな激動の時代に、サラリーマンになることが目標で就職バンザイ!なんだよ?」ってさすがに気づく。

大企業がつぶれる時代がくる?!

フットワークの重い大企業なんか負け組になる可能性が高い。銀行も地方からバタバタ倒産していく。郵便局だって、かんぽ生命の大不祥事から劇的に衰退していく。

 

ソフトバンク孫正義みたいな超優れた経営者ならまだしも、たいていの歳取った経営者が、時代の変化に対応できるわけがない。歳取ったら、人の話や新たな価値観を認めないし自分の利益を守ることし考えられない。つぶれるしかないよね。

結局、これからは「個人の時代」にならざるを得ない。だから、若い世代は自分の力で稼ぐ手段について、しっかり学ばないといけない。若者だけじゃない。中高年も同じ。会社はなくなるんだから。

仮想通貨にしたってそう。「投資に興味ない」とか言ってそっぽ向いてたら、それこそ負け組の思考。投資うんぬんより、仮想通貨の仕組みと種類ぐらい学ぼうとする姿勢ぐらいないおじさん痛いおじさん連中にはなってはいけない。

令和時代は急速なAI技術の進歩により、「個人の時代」になる。会社に頼った「受け身思考」で生きる生き方がオワコン。変化についていこうとしない、見ようともしない生き方はリスクが高すぎる。

2018年に大河ドラマで「西郷どん」やってたけど、あの150年前の明治維新に匹敵する革命期といえる令和時代。150年4前に、変化についていこうとせずに、いつまでも「武士でいたい!」っていってた人たちがどういう最後を遂げたか。

「親が言うから・先生が言うからで、サラリーマンなって受け身で生きていく人生を選ぶ」のは、、まさに150年前に滅んでいった武士みたいになる可能性が高そう。

学校や親は決して教えられない。親や先生が、昭和時代の人なんだから。「昭和時代はあまりにも昔の過去、30年も続いた平成も終わったんだよ!」

古いサラリーマン養成学校の価値観で指導してきた親や先生の言う通り生きるリスクを考えないといけない。自発的に自分の頭で考える訓練を10代の頃からすべき時代。

とくに大学生はチャレンジすべき。一度就職しちゃうとずるずる歳をどんどんとっていっちゃう。

「サラリーマンはリスクでかすぎだ!」って気づくころには、結婚・子供もいて自分だけの人生ではなくなっていたり、住宅ローンがあったり。自分の親も歳をとっているしで簡単には動けない。

 

大学生のときにやるべき経験の1つとして海外旅行や留学がよく言われているけど、それより起業する経験すべきだと思う。年間12000円程度の投資だけが必要。それだけで、ネット集客からSEOを勉強でき、その対価として広告収入を得られるのがGoogleアドセンス。ぜひチャレンジしてほしい。

コメント