ブログ初心者を泣かすアドセンスブログコンサル「元銀行員・美容師」

konsaruadsense

アドセンスコンサルを始めて5カ月。多くの問い合わせや相談をいただくようになりました。

その中で、「現在アドセンスコンサルを受けているけど、不信感しかない」と、コンサル契約中にもかかわらず、私のコンサルに申し込んでいただいた2人の声を紹介します。

元美容師のアドセンスコンサル「350記事かかせ、逆ギレ」闇が深い

元美容師のアドセンスコンサル先生、アクセスもほとんど見込めないようなジャンルで350記事以上も書かせたそうです。

 

「得意分野で書いてください」みたいなことを言われて続けていたものの、いつまでも稼げるようにならないことに疑問を覚えたAさんが質問すると、「とりあえずやれ」で不機嫌になってしまった。

 

アドセンスのスキル自体も厳しいですが、ティーチング・コーチングのスキルがない人が、ネットで先生をやれてしまうことの恐怖を感じます。

 

「人に教える仕事」はスキルもですが、生半可な覚悟では務まりません。

 

先生としての資格どころか人に教える訓練や研修も受けたことない。元美容師ですから、大学受験を経験したことすらないかもしれません。

 

彼のブログを見ると、自分のスキルを棚に上げてコンサル生なのか誰かにキレている記事がありました。

 

怒りの感情をぶちまけるような記事を自分の顔も公開しているブログに上げるような人格ですから、闇が深いし、何より関わりたくないと思う人も少なくないでしょう。

 

アドセンスを始めたきっかけも、「ブラックな仕事が嫌だった。」と、我慢力がないことを自ら告白していました。

あまり批判をしたくはありませんが、どう考えても、そんな人間が先生をやっていいはずがありません。

 

僕もコンサル選びに失敗しましたが、僕の比ではないひどい先生に心臓がバクバクしてきます。

ブログコンサルやる人にいいたい!

コンサル生に結果を出させてなんぼじゃないの

言葉巧みに稼げない理由をコンサル生に押し付けるのは、いつもると自分にはできません!って宣言してるのと同じでしょ!

 

お怒り、よく分かります。

Aさんは崖っぷちの心理状況の中、私にご相談いただき、コンサルを申し込んでいただきました。

 

アドセンスブログを1年以上やっていたことが信じられないぐらい、何も教えてもらっていない・知らない状態でしたが、少しずつ記事が書けるようになってきました。

 

人間不信の状況だったはず。そんな中、最後の望みを私に賭けてくれました。必ず、期待に応えます。

元銀行員「海が似合うリア充」コンサルが無知すぎる

元銀行員のアドセンスコンサル先生。ブログやツイッターを見ると、さわやかな笑顔が印象的な美人。性格はサバサバしていて、基本的には、「いい人」だったと。

 

ただ、「先生としてのスキルは全くなかった・騙された」

 

コンサル8カ月コースで5カ月目にして、日給最高が88円

 

何より驚くのが、電話したことが1回しかなく、「二度と電話はしたくない」とコンサル生に思わせているところ。

 

元銀行員のコンサル先生、ツイッターは自分のことばかりです。旦那とのツーショットに親へのプレゼント、沖縄旅行にセミナー参加。写真が盛りだくさんです。

 

コンサル生の声や自分自身がアドセンスで稼いだなどのツイートもありましたが、こちらは証拠画像なし。

 

何より、自分の8カ月コンサルに申し込んだお客さんが、5カ月経過で最高日収が100円もなく、5カ月間のトータル収益が1000円にも達していないことに関して、何も思わないことが不思議で仕方ない。

頭の中がごっちゃごっちゃ

海の見えるところいって、温かいもの飲みながら想いにふけたい

 

古い情報でアドセンスコンサルやっているのは、ブログを見ればよく分かります。つまり、勉強する気もないし、自分を信頼してくれたお客さんの幸せを願い、稼がせようという気が全くないわけです。

今までの別に使っていたアカウントを削除し、リセット。

騙しが多いこの世界。

騙されてしまった事実は変えられないけど、止まってたって仕方ないからまた歩き始めます

よし!

 

激しく落ち込み傷ついていたHさん。それでも、縁あって私のコンサルにたどり着いてくれました。責任を持って、必ず稼がせます。

アドセンスコンサルを申し込む前に次の2点は確認して!

アドセンスコンサルが本物かどうか。ブログ初心者が区別するのは至難の業です。それでも、コンサルをやっている人のブログを見ると、分かることがあります。

 

最低でも、下記の2点はチェックしてみてください。「外れを引いてしまう可能性」がグッと減るはずです。

ブログの更新日時が古い

Googleはアップデートを頻繁にしていますが、SEOの概念は2018年・2019年で大きく変わりました。SEOの最新の情報についていっていない「なんちゃって先生」が数多くネット上には存在しています。

 

まずは、ブログの更新日時を見てみてください。古い情報のままの記事を平気で掲載している先生がどんな覚悟でコンサルをやっているかは想像できるはずです。

メルマガ登録後のステップメールが他と同じ

メルマガ登録→ステップメール(自動メール)で教育→コンサルや情報商材へ誘導の流れは、2017年以前がピーク。DRMと言われる手法ですね。

 

与沢翼が秒速で1億円稼ぐとかテレビでも話題になったことがありました。

 

2020年現在も、メルマガ登録からのDRMは残ってはいますが、手法自体は古い。そして、メールの内容が金太郎飴みたいにそっくりなことが多いです。

教える仕事をしたことがあるか直接聞く

初心者ブロガーであっても、上記の2点に注目してみれば、たいがいの罠は避けることができると思います。ただ、それでも判断がつかない場合は、メールやツイッターで直接質問して、それに対する反応をみてみればいいです。

 

「アドセンスで教える仕事をするにあたって、これまで大人に何かを教えた経験があるのか。経験がないなら、何か研修をうけたことがあるのか。研修を受けていないなら、コーチングの本を何冊よんだのか。具体的に何をしたのか」

 

大きなお金を払って、意を決して申し込むアドセンスのコンサル。人に教える仕事は、アドセンスで稼ぐよりよっぽどハードルが高く、経験がないと不可能だと私は思います。

 

何より、これぐらいの質問で不機嫌になるような先生なら、縁がなかったと考えていいはず。

コンサル開始後の2人

元美容師と元銀行員のアドセンスコンサルで辛い思いをした2人。すぐに結果を出しています。

失敗経験が糧になっているのが大きい。悔しくて夜も眠れないほどの辛い日々を乗り越えて、僕のコンサルにたどり着いてくれました。

 

2人とも辛い日々があった分、それを肥やしにして、大きく稼げるようになっていくのは間違いありません。

 

「30万円稼ぐ保証付き」アドセンスコンサルで最短で稼ぐスキルを身につける
稼いでいない「偽物」情報商材・コンサルは「初心者」を狙っている ネット上には、情報商材を売ったり、アドセンスコンサル生...

コメント