アドセンス審査に必ず合格するブログ記事ノウハウ・具体例を公開!「権威性・信頼性・独自コンテンツの考え方」

adsense

アドセンス審査合格基準を数字で考えない

アドセンス審査に合格できずに何度も不合格になってしまうと落ち込みますよね。 「なんで1回で合格する人たちがいるのに、自分は何度も落とされるのか」と悩んでいる人もすくなくありません。

 

アドセンス審査で無駄に時間を浪費してしまう原因の1つに「数字を追う」ことが挙げられます。「10記事必要・2000文字必要」などの情報ですね。数字のような具体的な指標を求めたくなりますが、記事数や文字数はアドセンス審査とは無関係です。

 

抽象的な言葉を嫌い、「数字で基準を知りたい」と考えるところに罠があります。記事数や文字数といった具体的な数でアドセンス審査の合格基準を考えると、不合格を繰り返してしまうことになりかねません。間違った努力をしてしまいます。

 

逆に、「記事数や文字数から離れる」思考でアドセンス審査に臨むことで、アドセンス審査に合格後も「100記事かけば稼げる」などのような話を信じてしまって時間を無駄にしてしまう可能性も排除できます。

 

アドセンス審査もアドセンスで稼げるブログも、「記事数」や「文字数」とは関係ありません。

 

具体的な目標を考えるのに数字は有効ですが、アドセンス審査に関しては、数字で具体化させたいと考える「理系的な思考」から離れるところから初めましょう。

アドセンスに合格するブログ記事の具体例を無料で公開

ツイッターで「アドセンス 審査」「アドセンス 合格」等で検索すると、何度審査に出しても合格できないと嘆く人が相当数います。

 

努力の方向を間違っている可能性が高いんですよね。「アドセンス審査に合格」するための記事の正しい書き方・考え方なら無料で公開してもいいかな・・と考えるようになりました。

 

審査に通すためのブログの作り方を無料で公開します。下記の通りにやれば1回で合格するはずです。

アドセンス審査ブログに1発で合格するブログの条件

  • 雑記ではなく、1つのテーマに絞って書く「特化型ブログ」を作る
  • 記事数10記事などの目標は持たない。独自コンテンツの希少性しだいで5記事未満でも合格できる
  • 画像を使うならオリジナルのみ。フリー素材は使わない。
  • プライバシーポリシー掲載なしで合格することもあるが、ないことを理由に落ちるケースもある。掲載するのが無難。
  • 記事を書き始める前とアドセンス審査に出す前の2回、Googleポリシー違反を熟読し、違反箇所がないかチェックする。
  • 誤字脱字や主語述語がおかしい箇所はないかをチェックする。1文がながいと読みにくいしメリットはない。単文(1つの文に主語1つ、述語1つ)を心がける。

権威性・信頼性は「詳しい素人」でクリア!

「素人だけど、詳しい人・専門家を気取っている人」になりきります。

 

ブログ運営者設定がアドセンス審査に一発で合格するカギを握ります。「記事の内容よりコンセプト」が重要です。

いくつか例をあげます。

  • 特定の地域のパン屋さんめぐりが趣味。パン作りにも挑戦していてプロ級の腕前
  • グアム島マニア。年に5回、合計30回以上のグアムマニアの私が語るグアム
  • 中日ドラゴンズファン歴20年の俺が語る、「俺流、ドラゴン復活計画」

 

「嘘のプロ専門家」はダメなんですが、「詳しい素人」を重宝するのがGoogleです。独自・希少性ということですね。もちろん、「詳しい素人」を装えばいいです。本当に詳しくなくてもネットの情報で書けます。ここは嘘でも構いません。

独自性・希少性は「体験談」でクリア!

アドセンス審査に不合格になるときは、コピーコンテンツ判定をもらって不合格になってしまうことがほとんどです。

 

コピペ記事と判定をもらうのを防ぐためには、「体験談」が有効です。

 

希少性・独自性を意識したブログの方が、価値が高いのは理解できると思います。ネット上にあまりないような分野で特化ブログを作った方が結果的に少ない記事・文字数で合格します。

アドセンス審査に合格したら「稼げる記事」を書く

上記の条件を満たすブログで審査に出せば、グーグルが求めている審査基準をクリアした記事・ブログができるはずです。

 

アドセンス審査に合格した後は、稼げる記事を量産し、大きく最短で稼ぐブログをつくっていきましょう。

 

コメント