100年生きる 60歳から起業副業を始めて成功する1つの方法とは?

f:id:danna24:20180327005759j:plain

「60歳で定年退職」という時代はもう遠い過去のよう思えます。現在は、希望する人の雇用延長が65歳までは義務化されています。(2025年までに、全ての企業が導入することが決まっています)

ただ、気をつけたいのは、65歳までの雇用延長と言っても、60歳定年を変えずに、『再雇用』という形をとっている企業がほとんです。つまり、いったん定年退職するわけですから、待遇はいわゆる60歳までの『現役』とはかなり違います。

たいていの場合、かなりの収入減での再雇用になります。仕事の内容も変わります。

例えば、60歳までバリバリ働いて部長まで昇りつめたとしても、その役職をそのまま引き継げる人はごくわずか。

ほとんどの場合、それまでの経験や経歴に関わらず閑職で働くことになります。

60歳といえば、まだまだ若い。『人生100年時代』と言われるなかで、体も心も元気。まだ「再雇用」扱いされるのは早いですよね。

「次の人生」のやりがい・収入をもとめて、転職や再就職、起業をする人が増えています。もう60歳後の人生を「余生」とは呼べない時代です。今の日本は、超少子高齢化という「存亡の危機」ともいえる大問題を抱え、医療・年金・介護など、日本を支えるシステムも崩壊しかけています。

昭和~平成時代にかけて、日本の繁栄を支えてきた団塊の世代。その世代が60歳で余生を送ることは、もう許してもらえない・・もう少し、日本を支えるために働いて健康でいてもらわないといけない・・そんな声もどこからか聞こえてきそうですね。

では、シニアが退職後に始めるビジネスはどういうものがあるのでしょうか。

定年後に始めるビジネスで必ず成功する方法

まずは、これまでの経験を生かせる仕事ができるなら、それが一番いいですよね。まったく畑違いのビジネスを始めるには、相当な準備と覚悟が必要です。また、経験や知識があっても、体力は衰えていきます。

目もチカチカしだしたりするかもしれません。体を資本にした仕事は最終手段として、できるだけ避けたいです。大切なのは、「情報収集」を時間をかけてやることだと思います。ネットだけに頼らずに、本から情報を仕入れた方がいいです。

私の例で言うと、私はアラフォーで脱サラ起業しましたが、ネットビジネスから初めて、それをオフラインビジネスにつなげています。「オンライン型」⇒「オフライン型」ビジネスですね。

これが一番リスクなく(リスクは時間だけ)、成功できるビジネスモデルだと信じています。おそらく、60歳まで会社勤めをしていた方は知らないようなビジネスモデルだと思います。

ず成功するために・・今まで、ほとんど関わることがなかったビジネスや最新の情報を集める。そして、その中で自分の経験が生かせるものを見つけていく。

言い方を変えると、『最新のビジネスと自分の経験能力の掛け算』ですね!このやり方が一番失敗しないと思います。そのために、時間をかけて『インプット』の時間を取ることから始める。副業・起業を動画で学ぶ無料講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする